覚えておきたい葬儀の種類

昭和の時代までは考えられませんでしたが、現在は本当に色々なスタイルの葬儀が行われるようになりました。現在でも日本人の約90パーセント近くが、従来の僧侶の読経を伴う仏式で葬儀を行っています。しかし最近では、故人の意向であったり、遺族の思いなどをしっかりと反映することが最重要項目として位置付けられており、以前まで重要視されていた葬儀はこうあるべきという形式や近所の人からの世間体などをそれほど重要視しなくなってきています。100人が100人とも同じ人生を送ってきたわけではありません。それぞれの故人が故人らしい葬儀にチャレンジすることができる土壌ができあがりつつあるのです。

葬儀の基本的な形式は、日本人に多い仏式の他に神道式やキリスト教式など、仏教以外の特定の宗教による形式があります。他にも数こそ少ないですが全く宗教の無い方の無宗教の形式による葬儀などもあります。無宗教の場合には、自由葬や音楽葬などが有名ですが、他にもお別れ会や偲ぶ会、生前葬など非常に自由度の高い葬儀のスタイルが確立されており、その中から故人と遺族が選ぶようになっています。たまにそういった葬儀に出席すると、一般的な葬儀と勝手が違ってびっくりされるかもしれません。
この他にも葬儀の種類として注目しなければいけないのが、葬儀の規模です。葬儀は、故人の交友関係であったり、在職中なのか離職中なのかによって参加する人数が異なります。そのため、葬儀の規模が大きくなることも当然あります。密葬や家族葬、直葬、社葬などさまざまなカテゴリーもあります。

基本的に葬儀は、死亡後24時間を経過した後でなければ、火葬してはいけないといった法律であったり、墓地以外の区域に埋葬や埋蔵してはいけない法律はありますが、葬儀のスタイルに関して法的な規制は一切ありません。ある程度の範囲で融通をきかせて行うことができます。

2000年以降になって急速に増えてきた自由度の高い葬儀ですが、参列する葬儀がどのような種類なのかをしっかりと確認しておかないと、恥をかいてしまう可能性があり、注意が必要です。こちらのページでは、最近特に人気となっている自由度の高い葬儀の種類などの情報を紹介します。将来的に色々な葬儀に参列する可能性があると思いますので、ぜひ内容をチェックし確認してみてください。今後の参考にもなりますし、葬儀の知識も深まることでしょう。それぞれの特徴をよく理解し、これからに活かしましょう。

新着情報

2018年07月09日
ホームページを更新しました。